心と鍼灸

心と鍼灸

心と鍼灸

「病院の検査では異常が見つからないのに身体がだるい、頭が重い」などでお悩みの方はいらっしゃいませんか。検査では異常がない、このような自律神経失調症(不定愁訴)の症状には鍼灸で改善が見られるかもしれません。

自律神経とは呼吸や汗の量、血行、消化、ホルモンの分泌を調節するなど、自分の意思とは無関係に働く神経です。緊張すると自然と汗が出てくる現象などはその例に含まれます。自律神経は活動しているときや緊急時に働く「交感神経」と急速時や睡眠時に働いている「副交感神経」とがあります。

 

自律神経は、正常に保たれることで私たちは日常生活を送っています。ストレスが溜まったり不規則な生活習慣が続いたりすると自律神経が乱れ、絶えず交感神経が優位となり心と身体が休まらず、「なぜだか分からないけど疲れやすい、頭がのぼせる、イライラする」などの自律神経失調症(不定愁訴)の症状が現れます。

 

心と鍼灸

病院で検査をしても異常がないことが多く悩まれる方が多いのですが、そんなときは一度鍼灸を試してください。

東洋医学では「心のこりは身体のこりにつながる」と考えています。西洋医学で病名が出なくても、鍼灸では身体全体のバランスを整えることで自然治癒力を高めることができます。

特に鍼灸は自律神経症状の改善と相性が良く、ツボに鍼を刺すことで自律神経の一つである副交感神経が優位となることによって、精神や筋肉の緊張が和らぎ血管が拡張します。

これによって身体をリラックスさせ、自律神経の働きを元に戻し、不定愁訴が改善されるケースが多いのです。

病院で検査をしても異常がなく改善されないお身体に不調のある方は、一度鍼灸を試されることをおすすめします。